至上インビテーション

LINEスタンプ用ブログへの集客とアクセス数を増やす方法

      2015/03/07

どーも!コウです(^^)

今日はブログへの集客方法とアクセスアップ方法についてお話します!

今日のメインはTwitterからブログへ集客する方法です!

集客について検索したい時に,「LINEスタンプ 集客」とか「LINEスタンプ 宣伝」とかで検索して出て来るサイトって,

具体的な方法が書いてないですよね?

例えば,

「Twitter使いましょう!」とか

「ブログを作って宣伝しましょう!」とか

「Facebookを使って宣伝しましょう!」とか。

それくらいのことしか書いてないのに,

記事タイトルは

「LINEスタンプを宣伝して100倍売る方法」

とかになってるんですよね…

「え!?それをどうやってやるか知りたいのに!!!」

ってなりませんか?

なので,今日は僕が今,実際にやっている方法をお話します^^

で,まず前回までの記事で,なぜブログなどのメディアを使って宣伝するのかということと,どのメディアを使えばいいかをお話してきました。

その内容を踏まえてお話しますので,前回記事を読んでいない方は下記から読んでください。

それを読んで理解してから,今日の内容を見てくださいね^^

LINEスタンプを宣伝したい人に言いたいこと

LINEスタンプの宣伝は何のメディアが効果的か

LINEスタンプ購入方法から販売戦略を考えてみる

 

はい。

いいですか?

では本題に入っていきます。


僕が今メインで使っているメディアについて

僕は前回までの記事で,Twitter→アメブロ→ワードプレスという順番を推奨してきました。

ですが,今僕がメインで更新しているのは,

Twitterとワードプレスで作ったブログです。

アメブロは今は全然手を掛けていません。

なぜかというと,アメブロはワードプレスと比べるとSEO(検索エンジン最適化)的に弱いからです。

つまり,同じタイトルの記事を書いた場合,ワードプレスで作った記事のほうが,検索結果で上位表示されるということです。

よって,ブログはワードプレスのみ更新していて検索エンジンからの集客を狙っています。

で,アメブロを推奨している理由は,前回記事でも書きましたが,ユーザー数が多いことと,初心者でも始めやすいからです。

また,アメブロは検索結果での上位表示は難しいですが,アメブロ内の「ペタ&読者登録」で自分のブログを見てもらうことができます。

最終的には,アメブロ→ワードプレスにリンクを送ることである程度のユーザーをワードプレスで作ったブログに流すことも可能です。

これをやるにはまずワードプレスで記事を作っておかないとできません。

ワードプレスに挑戦している人は,アメブロでの更新はせずに,ワードプレスをメインで更新したほうがいいです。

どうしてもワードプレスが難しくて抵抗があるという人は,アメブロで記事を投稿し検索エンジンからの集客よりアメブロ内からの集客に力を入れてください。

ということで,ワードプレスの話は後日にして,今日はTwitterでの集客方法をお話します。

あ,アメブロの戦略についても別の記事でお話しますね!


Twitterの効果的な使い方

ではTwitterについてお話します。

Twitterはアカウントさえ取得してしまえば,簡単に情報を発信することができます。

しかし,自分の日常生活のワンシーンやあなたが作ったLINEスタンプの宣伝ばかりしていても全くユーザーの反応は取れません。

「そんなこと言っても宣伝するのが目的でしょ?」

と思いますよね。

確かにそうなんですけど,宣伝するのはもっと先です。

第一にやらなきゃいけないことは,フォロワーを増やすことです。

しかも質の高いフォロワーです。

つまり,相互フォローアカウントなどをフォローして勝手にフォロー返ししてくれるアカウントばっかり狙ってフォロワーを増やしても何の意味もないということです。

「じゃあどうやってやるの?」

と思いますよね。

大丈夫です。具体的に解説していきます!

まず,検索でLINEスタンプを作っている人あなたのスタンプの属性に合う人を探します。

例えば,ウサギのスタンプを作っているなら,ウサギ好きな人とか。

LINEスタンプを作っている人なら「○○@LINEスタンプ○○中」とか。

そんな感じでユーザーを探します。

その結果に表示されたユーザーを片っ端からフォローしていきます。

ただし,1日にフォローする人数は100人程度の抑えた方がいいです。あまり露骨にフォローばかりしているとアカウントを凍結されてしまうからです。

で,これをひたすら繰り返していき,フォロワーを増やしていきます。

更に,これと同時にツイートもしていきます。

ツイート内容は,誰かの役に立つ情報や興味が湧きそうな内容がいいです。

例えば,LINEスタンプ関連のツイートをするなら,あなたのスタンプの審査状況などがおすすめです。

審査状況はLINEスタンプを作っている人はみんな気になるので,結構リツイートされます。

リツイートされることであなたのツイートが拡散され,あなたのアカウントもいろんな人の目につくようになります。

あとは,LINEスタンプ作成時の苦労話とかも反応がいいです。

フォロワーを増やしつつ,リツイートされる可能性が高い内容をツイートしていくというのが,Twitter戦略のカギですね^^

ただ,これは結構時間がかかりますし,手間もかかります。

つぶやく内容を考える時間もあるので一気に成長させることを目指すのではなく,コツコツとやっていきましょう。

Twitterからの集客について(ブログのアクセスアップ)

次にTwitterからブログへユーザーを集客していく方法についてお話します。

Twitterからブログへアクセスを送るには,2つ方法があります。

1つは,プロフィールにブログURLを記載しておくという方法です。

これは,あなたのツイートに興味を示した人やあなたがフォローした人があなたのアカウントページに訪問した時に,URLをクリックするという感じです。

Twitterをやっている人であればわかると思いますが,あなたをフォローしてくれた人がどんな人か気になってプロフィールを見ませんか?

そこにURLがあったらクリックしますよね?

このようにブログへ誘導します。

次に,ツイート内容の最後にURLを貼るという方法です。

例えば,

「LINEスタンプを簡単に作る方法をまとめました! http://○○~」

みたいな感じです。

ただし,この方法は全部のツイートにやってはいけません。

なぜかというと,URLがついたツイートを連投している人を快く思わない人が多いからです。

業者でしょ?とかなんか怪しいサイトなんじゃないの?とか。

なので,質の高いツイートをメインでしていき,たまにURLを添付する。

こんな感じが自然で嫌がられません。

Twitterからどのくらいアクセスが来るのか?

実際どのくらいアクセスを流せるかというと,僕の1日のアクセスは平均100ユーザーで300PVほどです。

このうち約3割程度がTwitterからのアクセスです。

なので,ブログ:Twitterの比でいうと「7:3」くらいですね^^

結構多いのかなと思います。

ワードプレスで作ったばかりのブログは,検索エンジンにインデックスされるまで時間がかかるので,最初はTwitterからアクセスアップを狙っていきましょう!!

まとめ

では毎回恒例のまとめで~す!^^

今日はTwitterにおける集客方法とTwitterを使ったアクセスアップ方法について解説してきました。

この内容は今僕がリアルタイムで実践していてちゃんと反応が取れている方法です。

なので,かな~り具体的なノウハウを提供させてもらいました^^

この方法をコツコツ実践していけば,濃いフォロワーも増え,リツイートもされるようになります!!

という僕も最近はブログにばっかり集中しちゃってるんで,これからどんどんTwitterも育てていかないといけないんですけどね(^^;)

ということで,一緒に頑張っていきましょう!!

次回は,冒頭でお約束したとおり,ワードプレスによるブログの集客についてお話します!!

The following two tabs change content below.
コウ

コウ

LINEスタンプ関連、ブログ集客ノウハウを公開してます^^ ネットビジネスで収益をあげるため日々奮闘中!!^^ いつでもお気軽にメールしてください^^ 100%返信しますよ^^ 詳しいプロフィールはこちら→プロフィール

  こちらもおすすめです

たった30記事で1万PVを維持している僕がやってきた
ブログにアクセスを集めるノウハウを全部つぎ込み
”300人限定”で無料で公開することにしました

総再生時間360分以上の音声&動画コンテンツと100ページ以上のレジュメで構成した

ネットで集客を安定させ収益を上げていく方法をメール講座形式で配信しています。

コンテンツの作り方も全て動画で解説しているので初心者の方でもすぐに取り組めます。

圧倒的ボリュームのコンテンツでネットで稼ぐ仕組みを学び、あなたの商品を売るきっかけとして役立ててください。

さらにここでは言えない【豪華特典】もプレゼントしています。

詳しくはメール講座の中でお話しています。
  aaa

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です